素敵な先輩

7年目、今の仕事に転職をしました。美容業の仕事で今までの飲食業とは全く違い、お客様と一対一の密な接客を求められます。仕事は基本、個室でお客様とスタッフだけなので技術は勿論、リラックスしていただけるような雰囲気作りも大切なところです。
もともとの雑な性格が出てしまい、慣れてきた頃にクレームを出してしまいました。疲れていたり、仕事に対して悩んでもやもやしていた気持ちがお客様に伝わってしまい、いい施術ができていなかったのです。
当たり前のことなのに、できなかった自分に悔しくて落ち込んでいた時に、直属の先輩が「ごめんね」と声をかけて下さいました。悪いのは私なのになぜ?という気持ちになりましたが、先輩は「部下の気持ちをお客様より先に察せなかった私に原因がある」とその日は遅くまで私の今の悩みをじっくり聞いて下さいました。普段はクールで口数は少ない先輩ですが、熱いハートの持ち主でこの仕事が本当に好きなんだなとお話を聞いて思いました。自分も悩んでいた時期があったし、クレームを出してしまったこともあったよと。でも、そのお客様に入る人を変えてしまうのは簡単だけど、もう一度チャンスを頂いて挽回をさせて貰おうと提案を頂きました。
もうその方に入ることはないと思っていたので驚きましたが、お客様も私に成長して欲しく告げられたクレームだったということを知りました。
その後何度も練習を重ね、お客様に再び入らせていただけることになりました。素敵な先輩とお客様のお陰で、仕事の楽しさを教えてもらったと思います。
うちの会社はこんな素敵な人たちであふれています。

ホーム RSS購読 サイトマップ